基本情報

写真a

山田 祥子

ヤマダ ヨシコ


所属センター等1

理工学基礎教育センター

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • ウイルタ語

  • ツングース諸語

  • 先住民

  • サハリン(樺太)

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    2012年03月,博士,文学研究科,単位取得満期退学,日本国

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    2006年03月,文学部,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)

    ウイルタ語北方言の文法と言語接触に関する研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 北海道教育委員会(北海道立北方民族博物館)・学芸員

    2011年11月01日 ~ 2022年09月30日

  • 日本学術振興会・特別研究員(DC2)

    2009年04月01日 ~ 2011年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本シベリア学会

  • 北海道民族学会

  • 日本北方言語学会

  • 日本言語学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2013年度北海道民族学会奨励賞

    2014年07月13日,北海道民族学会

 

サハリンの先住民ウイルタの言語と文化

研究開発の目的

研究開発の概要

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

著書 【 表示 / 非表示

  • The Tungusic Languages

    TSUMAGARI, T. & Y. YAMADA,Routledge,Uilta,(頁 572),2023年08月,9781138845039

論文 【 表示 / 非表示

  • エウェンキー語音声資料

    山田祥子(採録・訳注),北方言語研究 別冊,1号,(頁 1 ~ 107),2023年03月

  • ウイルタ語北方言テキスト:お母さんのこと

    山田祥子,北海道言語文化研究,21巻,(頁 1 ~ 16),2023年03月

  • ギシクタウダ(マリーヤ・ミヘエワ)の生涯:ウイルタ語北方言テキスト

    山田祥子,北方言語研究,6巻,(頁 179 ~ 201),2016年03月

  • ウイルタ語北方言テキスト:人喰いお化けの話

    山田祥子,北方言語研究,5巻,(頁 261 ~ 280),2015年03月

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • On the legend of 'Taraika Conflict' handed down by the Sakhalin indigenous peoples

    YAMADA, Yoshiko,Proceedings of the 16th Seoul International Altaistic Conference,(頁 49 ~ 71),The Altaic Society of Korea,2023年07月,Seoul, Korea

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • ウイルタの民族芸術:三人の女性作家を中心に

    山田祥子,北海道立北方民族博物館第37回特別展図録:イヌイトの壁掛けと先住民アート,(頁 38 ~ 41),2022年07月

  • バーバ・カーチャと私:エベンキのトナカイ牧者E. A. ボリソワさんから教わったこと

    山田祥子,北海道立北方民族博物館第36回特別展図録:トナカイと暮らすータイガの遊牧民たち,(頁 24 ~ 30),2021年07月

  • 内側の名前 ウイルタ語

    山田祥子,世界の名前,(頁 147 ~ 149),2016年03月

  • 第2章 ウイルタ語

    山田祥子,水・雪・氷のフォークロア:北の人々の伝承世界,(頁 26 ~ 43),2014年03月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 英語授業における効果的なコミュニケーション指導の有り方について

    ゲイナー ブライアン、ペレム ジョンガイ、島田武、塩谷亨、サステナンス スコット、山田祥子,北海道言語文化研究,21巻,(頁 131 ~ 138),2023年03月

  • 〈資料紹介)池上文庫公開シリーズ2:北海道立北方民族博物館が所蔵する池上二良氏の音声資料(引照付きリスト)

    山田祥子,北海道立北方民族博物館研究紀要,32号,(頁 57 ~ 87),2023年03月

  • 〈資料紹介)池上文庫公開シリーズ1:北海道立北方民族博物館が所蔵する池上二良氏の調査・研究ノート(引照付きリスト)

    山田祥子,北海道立北方民族博物館研究紀要,31号,(頁 85 ~ 115),2022年03月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • ウイルタ語北方言の未来時制に関する諸問題:動詞語尾-liの成り立ちを中心に

    山田祥子,日本北方言語学会第6回大会,日本北方言語学会,予稿集なし,2023年11月18日,新潟市+Zoom,日本国

  • On the legend of 'Taraika Conflict' handed down by the Sakhalin indigenous peoples

    YAMADA, Yoshiko,The 16th Seoul International Altaistic Conference,The Altaic Society of Korea,Proceedings of the 16th Seoul International Altaistic Conference,(頁 49-71),2023年07月21日,Seoul,大韓民国

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人

    2022年10月25日,21998600(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • ウイルタ語の統合的な記録・記述と資料化:音声・グロス・訳付き資料の作成と公開

    2023年度 ~ 2024年度,研究活動スタート支援,23K18668

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語リーディング演習A(Eクラス)

    2023年度,学部

  • 英語リーディング演習A(Hクラス)

    2023年度,学部

  • 英語リーディング演習A(Kクラス)

    2023年度,学部

  • 英語総合演習(Aクラス)

    2023年度,学部

  • 英語総合演習(Hクラス)

    2023年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • サハリン先住民と北海道

    2023年11月25日,室蘭工業大学,室蘭工業大学教育・研究2号館(Q棟)Q502会議室,言語学・民族学・考古学からみる北海道とその北方地域(全4回),講演

  • 北方地域に見られる言語の多様性

    2023年11月11日,室蘭工業大学,室蘭工業大学教育・研究2号館(Q棟)Q502会議室,言語学・民族学・考古学からみる北海道とその北方地域(全4回),企画

  • オホーツク文化人は地球岬をみたか?―古代北海道の考古学

    2023年10月28日,室蘭工業大学,室蘭工業大学教育・研究2号館(Q棟)Q502会議室,言語学・民族学・考古学からみる北海道とその北方地域(全4回),企画

  • 北方の歴史・民族・言語

    2023年10月14日,室蘭工業大学,室蘭工業大学教育・研究2号館(Q棟)Q502会議室,言語学・民族学・考古学からみる北海道とその北方地域(全4回),講演

  • ロシアの文化をのぞいてみよう

    2023年09月30日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,企画

講演 【 表示 / 非表示

  • アイヌの隣人たち―ウイルタのことばを学ぶ

    2023年11月03日,北海道博物館

  • 北方諸民族とアイヌ-サハリンを中心に

    2023年03月06日,国立大学法人室蘭工業大学「アシル -トイタ」拠点運営機構