Personnel Information

写真a

Takeda Keiki


Affiliation centers1, etc

The Center for Rare Earths Research

The master's program in charge

Division of Information and Electronic Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Electron device and electronic equipment

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Electric and electronic materials

  • 高圧物性工学

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1996.03,Master's program,Graduate School, Division of Engineering,電気電子工学専攻,Completed,Japan

  • Muroran Institute of Technology

    1999.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,生産情報システム工学専攻,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1994.03,Faculty of Engineering,電気電子工学科,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    高圧下における金属-ジオンジオキシマート錯体の構造と電子物性

Academic Society 【 display / non-display

  • 日本高圧力学会

  • 応用物理学会

  • 電気学会

  • 分子科学会

  • 日本物理学会

Academic prize 【 display / non-display

  • 超伝導科学技術賞

    2002.06.22,未踏科学技術協会

 

有機金属錯体を利用した電子デバイス材料

圧力を利用して分子間距離を制御する

Purpose of Research

原子・分子間距離を制御して新電子デバイス材料開発

材料の性質を理解するために分子間距離を変えてみたいとき、一部を大きな分子に置換することが行われる。圧力を利用すると調べたい材料を構成する分子のまま距離を制御できる。特に有機物や金属錯体は大きな結晶格子を持つので顕著な圧力効果が期待できる。ピコレベルで分子間距離を制御して光学的性質や電気伝導を調査し、新しい電子デバイス材料の開発に利用する。

Summary of Research

有機物や金属錯体を利用した新しい電子デバイス材料の開発

従来は一次元金属錯体の構成分子を置換して分子間距離を変化させていたが、圧力をかけることで分子間距離を変化させることが可能になった。また、一次元金属錯体は分子同士が近づくと色が多彩に変化し、電気抵抗が急激に減少する。この性質を利用すると、色から圧力が分かる圧力インジケータや電気抵抗から圧力を求める高圧力センサーとして利用できる。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 分子間距離を近付けたまま光学測定、電気伝導、結晶構造解析が可能
  • 圧力による電子材料の新しい性質の探索
  • 10万気圧を超える高圧力下での物性測定技術
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 構成分子を置換せずに分子間距離を変化させる
  • 分子間距離のピコレベル制御
  • 分子同士を近付けた状態で測定可能
  • ミクロンサイズの微小試料で測定可能
 

Books 【 display / non-display

  • 室蘭工大 未来をひらく技術と研究

    関根ちひろ、武田圭生他,北海道新聞社,超高圧で夢の材料を作る,(p.230),2014.07

Papers 【 display / non-display

  • Large anomalous Hall effect and unusual domain switching in an orthorhombic antiferromagnetic material NbMnP

    H. Kotegawa, Y. Kuwata, V. T. N. Huyen, Y. Arai, H. Tou, M. Matsuda, K. Takeda, H. Sugawara and M. Suzuki,npj Quantum Materials,vol.8,(1),Article Number:56,2023.12

  • Photoexcited Carrier Transfer in CuInS2 Nanocrystal Assembly by Suppressing Resonant-Energy Transfer

    Y. Hamanaka, S. Okuyama, R. Yokoi, T. K., K. Takeda, C. Sekine,ChemPhysChem,vol.24,(21),Article Number:e202300029,2023.11

  • Significant changes in thermoelectric properties of unfilled skutterudite compounds MSb3 (M = Co and Rh) by self-insertion reaction

    K. Awaji, K. Nishimura, K. Suwa, J. Hayashi, Y. Kawamura, K. Takeda, H. Gotou, and C. Sekine,Materials Today Communications,vol.36,Article Number:106825,2023.08

  • Observation of multigap and coherence peak in the noncentrosymmetric superconductor CaPtAs: 75As nuclear quadrupole resonance measurements

    Nagase Y., Manago, M., Hayashi, J., Takeda, K., Tou, H., Matsuoka, E., Sugawara, H., Harima, H., Kotegawa, H.,Physical Review B,vol.107,(10),2023.03

  • Structural Phase Transition and Possible Valence Instability of Ce-4f Electron Induced by Pressure in CeCoSi

    Kawamura Yukihiro,Ikeda Kakeru,Dalan Alisha Nurshafiqah Binti Amat,Hayashi Junichi,Takeda Keiki,Sekine Chihiro,Matsumura Takeshi,Gouchi Jun,Uwatoko Yoshiya,Tomita Takahiro,Takahashi Hiroki,Tanida Hiroshi,Journal of the Physical Society of Japan,vol.91,(6),(p.1 ~ 8),Article Number:064714,2022.05

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Structural Analysis of CeCoSi under Pressure

    A. Dalan, K. Saito, K. Ikeda, H. Tanida, J. Hayashi, K. Takeda, C. Sekine, and Y. Kawamura,Proceedings of the 29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29),(38),Article Number:011085,2023.05

  • Negative Persistent Photoconductivity Effect on WeakAnti-Localization in Hetero-Interface of InSb/GaAs(100)

    A. Fujimoto, S. Ishida, K. Takeda, A. Okamoto, and I. Shibasaki,AIP Conf. Proc.,vol.893,(p.567 ~ 568),2007

  • Study of Spin-Orbit Interaction in AlxGa1

    S. Ishida, A. Fujimoto, K. Oto, K. Takeda, and I. Shibasaki,AIP Conf. Proc.,vol.893,(p.569 ~ 570),2007

  • Magneto-Transport Properties in AlxGa1-xAsySb1-y/InAs Quantum Wells

    S. Ishida, A. Fujimoto, K. Takeda, A. Souma, K. Oto, A. Okamoto and I. Shibasaki,The Institute of Physics Conference Series Number 187,(p.585 ~ 590),2005

  • Spin-Orbit Interactionin InSb Thin Films Grown on GaAs(100) Substrates by MBE: Effect of Hetero-Interface

    S. Ishida, K. Takeda, A. Okamoto, I. Shibasaki,AIP Conf. Proc.,vol.772,(p.1287 ~ 1288),2005

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • CeCoSi の高圧低温下における結晶構造と電子状態

    川村幸裕, 池田翔, 林純一, 武田圭生, 関根ちひろ, 松村武, 上床美也, 冨田崇弘, 高橋博樹, 谷田博司,Photon Factory Activity Report,vol.40,(p.47 ~ ),2023.05

  • 高圧技術によるカルコパイライトナノ粒子の粒子間隔の精密制御

    武田 圭生、林 純一、葛谷 俊博、関根ちひろ,Photon Factory Activity Report,vol.39,(p.158 ~ ),2022.07

  • CeCoSiの室温高圧下粉末X線回折実験

    上田諒大, 川村幸裕, 谷田博司, 林純一, 武田圭生, 関根ちひろ,Photon Factory Activity Report,2019.08

  • 部分充填スクッテルダイト化合物 LaxRh4Sb12の高圧下における構造安定性

    林純一, 中島良介, 佐藤雄也, 秋元大輔, 梶山誉文, 川村幸裕, 武田圭生, 関根ちひろ,Photon Factory Activity Report 2017,2018

  • アルカリ土類を含む As 系充填スクッテルダイト化合物の体積弾性率

    川村幸裕,, 林純一, 武田圭生, 関根ちひろ,Photon Factory Activity Report 2017,2018

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • ドット間隔を制御したCdSe量子ドット超格子膜の作製

    樋口 翔, 葛谷 俊博, 武田 圭生, 渡邊 厚介, 濱中 泰,第71回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第71回応用物理学会春季学術講演会予稿集,2024.03.22,東京都世田谷区&オンライン開催,Japan

  • NbMnPにおける反強磁性由来の異常ホール効果が示す非対称なヒステリシスについての研究

    新井祐樹, 小手川恒, Vu Thi Ngoc Huyen, 藤秀樹, 武田圭生, 菅原仁,日本物理学会2024年春季大会,日本物理学会,日本物理学会2024年春季大会概要集,2024.03.18,オンライン開催,Japan

  • TaMnPにおける反強磁性的磁気転移と異常ホール効果

    小手川恒, 中村彰良, 新井祐樹, 藤秀樹, 菅原仁, 武田圭生,日本物理学会2024年春季大会,日本物理学会,日本物理学会2024年春季大会概要集,2024.03.18,オンライン開催,Japan

  • スクッテルダイト化合物RhSb3のSbケージとエネルギーバンド構造

    武田圭生, 内藤雄太, 林純一, 関根ちひろ,日本物理学会2024年春季大会,日本物理学会,日本物理学会2024年春季大会概要集,2024.03.18,オンライン開催,Japan

  • CeMnSiにおけるMn反強磁性秩序の圧力依存性

    西山紗恵, 林純一, 武田圭生, 関根ちひろ, Hanming Ma, 上床美也, 谷田博司, 川村幸裕,日本物理学会2024年春季大会,日本物理学会,日本物理学会2024年春季大会概要集,2024.03.18,オンライン開催,Japan

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 電気回路基礎(A~Dクラス)

    2023,Department

  • 電気電子工学実験A(週2回開講)

    2023,Department

  • 電気電子工学実験A(週2回開講)

    2023,Department

  • 電気回路演習

    2023,Department

  • 電気回路

    2023,Department

display all >>