基本情報

写真a

楠本 賢太

クスモト ケンタ


担当学科

創造工学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

  • 材料工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • アブレッシブ

  • 摩耗

  • エロージョン

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • エロージョン摩耗に関する研究

    摩耗,エロージョン,2009年04月 ~

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    2015年03月,博士後期,工学研究科,物質工学専攻,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    多合金鋳鉄のエロージョン摩耗特性

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本鋳造工学会

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • HIGH-CHROMIUM CAST IRONS:Structure and Properties

    Kazumichi Shimizu,Vasily G.Efremenko,Alexander P.Cheiliakh,Yuliia G.Chabak,Taniana V.Pastukhova,Kenta Kusumoto,(株)昇夢虹,(頁 208),2021年06月,9784991132414

論文 【 表示 / 非表示

  • Microstructural Map and Phase Chemical Compositions in Hybrid Multi-component Cast Alloys Fe-W-Mo-V-Cr-Ti-(1.5-3.5 Wt Pct)B-(0.3-1.1 Wt Pct)C

    Efremenko V.G., Chabak, Yu. G., Lekatou A.G., Shimizu K., Petryshynets I., Zurnadzhy V.I., Efremenko B.V., Kusumoto K., Halfa H.,Metallurgical and Materials Transactions A,2024年05月

  • Effect of carbide refinement on high temperature erosive wear behavior of high chromium white cast iron with different titanium and carbon additions

    Kenta Kusumoto, Kazumichi Shimizu, Riki Hendra Purba, Yudai Momma,Materials Today Communications,39巻,Article Number:109276,2024年05月

  • Influence of Tempering Temperature on Abrasive-Wear Performance of High-Chromium-Based Multicomponent White Cast Iron

    Riki Hendra Purba, Kenta Kusumoto, Kazumichi Shimizu, Yila Gaqi and Mohammad Jobayer Huq,Lubricants,11巻,7号,2023年07月

  • Effect of Carbide Orientation on Wear Characteristics of High-Alloy Wear-Resistant Cast Irons

    Yila Gaqi, Kenta Kusumoto, Kazumichi Shimizu, Riki Hendra Purba,Lubricants,11巻,7号,2023年06月

  • Erosive Wear Behavior of Novel Hybrid Multicomponent Cast Alloys with Different C and B Contents

    Riki Hendra Purba, Kenta Kusumoto, Kazumichi Shimizu and Vasily Efremenko,Lubricants,11巻,6号,2023年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Measurement of silica-sand slurries in rotating flows by ultrasound velocity profiler

    Sho Osanai, Yoshihiko Oishi, Kenta Kusumoto, Naruki Shoji, Hiroshige Kikura and Hideki Kawai,The 12th International Symposium on Measurement Techniques for Multiphase Flows, Proceedings of ISMTMF 2023,(頁 1 ~ 3),Article Number:B16,2023年11月,Tokyo, Japan

  • Measurement of silica-sand behavior around rotating square cylinder in a circular container by ultrasound velocity profiler

    Yoshihiko Oishi, Sho Osanai, Hideki Kawai, Hiroshige Kikura, Kenta Kusumoto,Proceedings of the 14th International Symposium on Ultrasonic Doppler Methods for Fluid Mechanics and Fluid Engineering,(頁 27 ~ 30),2023年10月,Kobe, Japan

  • Tambang Manik, Masahiro Sakai, Yoshihiko Oishi, Riky Stepanus Situmorang, Yusuke Nishikawa, Kenta Kusumoto and Hideki Kawai

    Ant Nest Corrosion Observation of Copper Using Ultrafine 4D X-ray CT,The 17th Asian Symposium on Visualization,2023年06月,Tokyo, Japan

  • Influence of Ni Content on Erosive Wear and Destabilization Heat Treatment Conditions Behavior of Multi Component White Cast Iron

    Kenta Kusumoto, Kazumichi Shimizu,The 6th International Conference on Chemical and Material Engineering (ICCME 2019),2019年10月,Singapore

  • Erosive wear characteristics of multi-component white cast iron and carbide formation process in matrix

    Yuki Igarashi,Kazumichi Shimizu,Kenta Kusumoto,Jun Ito,Masato Shirai,Hideto Matsumoto,The 7th Japan-Korea workshop for young foundry engineers,2018年10月,Kanazawa, Ishikawa, Japan

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 鋳鉄のアブレッシブ摩耗とエロージョン摩耗特性

    清水一道,楠本賢太,鋳造工学,88巻,5号,(頁 234 ~ 240),2016年05月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • Erosive Wear Characteristics of Ti and C Added High Cr White Cast Irons

    Mohammad Jobayer Huq, Kazumichi Shimizu, Kenta Kusumoto,第2回クリエイティブコラボレーションセンターワークショップ,2023年03月

  • 超硬合金鋳ぐるみ多合金白鋳鉄の高温エロージョン摩耗特性と接合条件

    楠本賢太、清水一道,第2回クリエイティブコラボレーションセンターワークショップ,2023年03月

  • X線CTを用いた球状黒鉛鋳鉄の疲労限度予測式の検討

    清水一道、楠本賢太,第2回クリエイティブコラボレーションセンターワークショップ,2023年03月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • ゾル・ゲル法から3Dプリンタへの直接押出によるセラミックスの造型性について

    岡響,WANG HONGXIN,大石義彦,佐々木大地,楠本賢太,河合秀樹,日本機械学会北海道学生会,第53回学生員卒業研究発表講演会論文集,2024年03月02日,北海道・函館市

  • X線CTを用いた球状黒鉛鋳鉄の疲労限度予測

    志田原都和、清水一道、楠本賢太,日本機械学会北海道学生会,第53回学生員卒業研究発表講演会論文集,2024年03月02日,北海道・函館市,日本国

  • 自動車用ブレーキディスク鋳鉄の被削性評価

    松原侑吾、清水一道、楠本賢太,日本機械学会北海道学生会,第53回学生員卒業研究発表講演会論文集,2024年03月02日,北海道・函館市,日本国

  • 回転流れ場における垂直インペラへの固体粒子衝突挙動

    山王千広,河合秀樹,大石 義彦,楠本賢太,佐藤森,第33 回化学工学・粉体工学研究発表会,講演要旨,(頁 35-38),2024年01月26日,北海道・千歳市

  • Structure and properties of micron-thick high-chromium cast iron synthesized on metal substrate by pulsed-plasma technique

    K. Shimizu , V.G. Efremenko, Yu.G. Chabak, K. Kusumoto, B.V. Efremenko, V.I. Zurnadzhy,The 16th Asian Foundry Congress,Extended Abstract of AFC16,2023年12月03日,Hokkaido, Muroran,日本国

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2023年09月12日,2200000(円)

  • 大企業

    2021年12月09日,0(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2021年04月09日,0(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • X線CTを援用したシリアルセクショニングによる微細組織の定量評価手法の確立

    2020年度 ~ 2022年度,基盤研究(C),20K05146

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 高強度鋳造部品を用途としたハイマシナビリティ球状黒鉛鋳鉄の開発

    2021年04月01日 ~ 2023年03月31日,北海道経済産業局,令和4年度中小企業経営支援等対策費補助金(戦略的基盤技術高度化支援事業),0(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • フレッシュマンセミナー(Aクラス)

    2023年度,学部

  • 熱力学基礎B(後半8週)

    2023年度,学部

  • フレッシュマンセミナー

    2023年度,学部

  • 伝熱工学

    2023年度,学部

  • 技術コミュニケーション

    2023年度,学部

全件表示 >>