基本情報

写真a

宮崎 正範

ミヤザキ マサノリ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

システム理化学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 超伝導

  • マルチフェロイック

  • ミュオン科学

  • 磁性

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規マルチフェロイック現象と局在ホールによる酸素スピン偏極の研究

    磁性,電気分極,マルチフェロイック,2015年09月 ~

研究歴 【 表示 / 非表示

  • μSR法による、単層型銅酸化物超伝導体(Bi,Pb)2201における、磁性と超伝導、擬ギャップの研究

    2007年04月 ~

  • 遍歴d電子系における、重い電子的振る舞いとスピン揺らぎの研究

    2008年06月 ~ 2015年08月

  • スピン軌道相互作用が強く結合した5d電子系Ir酸化物の磁気的基底状態の研究

    2009年06月 ~ 2023年04月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学(総研大)

    2012年03月,博士,高エネルギー加速器科学研究科,物質構造科学専攻,修了,日本国

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学

    2007年03月,工学部,電気電子工学科,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

    ミュオンナイトシフトによる銅酸化物超伝導体(Bi,Pb)2201の擬ギャップ状態の研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所(ミュオン科学研究系) 博士研究員

    2012年04月 ~ 2015年03月

  • 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所(中性子科学研究系) 研究員

    2015年04月 ~ 2015年08月

  • 室蘭工業大学大学院 工学研究科(もの創造系領域) 助教

    2015年09月01日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本中間子科学会

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of transient µSR method for high-flux pulsed muons

    Shoichiro Nishimura, Hirotaka Okabe, Masatoshi Hiraishi, Masanori Miyazaki, Jumpei G. Nakamura, Akihiro Koda, and Ryosuke Kadono,Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A,1056巻,(頁 168669(1-7) ~ ),2023年09月

  • Direct observation of oxygen polarization in Sr2IrO4 by O K-edge x-ray magnetic circular dichroism

    R. Kadono, M. Miyazaki, M. Hiraishi, H. Okabe, A. Koda, K. Amemiya and H. Nakao,Physical Review B,107巻,(頁 L201122 (1-6) ~ ),2023年05月

  • Localized character of charge excitations for La2-xSrxNiO4+δ revealed by oxygen K-edge resonant inelastic x-ray scattering

    K. Yamagami, K. Ishii, Y. Hirata, K. Ikeda, J. Miyawaki, Y. Harada, M. Miyazaki, S. Asano, M. Fujita, and H. Wadati,Physical Review B,102巻,(頁 165145-(1-7) ~ ),2020年10月

  • Electronic charge transfer driven by spin cycloidal structure

    Y. Ishii, S. Horio, Y. Noda, M. Hiraishi, H. Okabe, M. Miyazaki, S. Takeshita, A. Koda, K. M. Kojima, R. Kadono, H. Sagayama, H. Nakao, Y. Murakami, and H. Kimura,Physical Review B,101巻,(頁 224436-(1-7) ~ ),2020年06月

  • Coupled spin-charge-phonon fluctuation in the all-in/all-out antiferromagnet Cd2Os2O7

    A. Koda, H. T. Hirose, M. Miyazaki, H. Okabe, M. Hiraishi, I. Yamauchi, K. M. Kojima, I. Nagashima, J. Yamaura, Z. Hiroi, and R. Kadono,Physical Review B,100巻,(頁 245113-(1-6) ~ ),2019年12月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and magnetic properties of AxSr2-xTiO4 (A=Y,La)

    Hiroki Abe, Masanori Miyazaki, Naofumi Nakazato, Hirotatsu Kishimoto, Atsunori Kamegawa, Hajime Yamamoto, Shuji Ebisu,JPS Conference Proceedings: Proceedings of 29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29),38巻,(頁 011115 (1-6) ~ ),2023年05月,Sapporo

  • Strongest pulsed muon source at J-PARC MUSE

    Y. Miyake, K. Shimomura, N. Kawamura, P. Strasser , A. Koda, H. Fujimori, S. Makimura, K. Nakahara, M. Kato, S. Takeshita, K. Nishiyama, Y. Kobayashi, K. Kojima, R. Kadono, W. Higemoto, T. Ito, K. Ninomiya, M. Hiraishi, M. Miyazaki, and K. Kubo,AIP Conference Proceedings,1382巻,(頁 217 ~ 219),AIP Publishing,2011年10月,Mumbai (India)

研究報告 【 表示 / 非表示

  • Sr2TiO4の単結晶育成とキャリアドープによる輸送特性

    宮崎正範,令和3年度東北大学金属材料研究所研究部共同研究報告,(頁 A29 ~ A31),2022年12月

  • スピン密度分布測定によるLa2MO4(M=Cu,Ni)の頂点酸素磁性スピンの研究

    宮崎正範,令和3年度東北大学金属材料研究所中性子物質材料研究センター共同研究報告書,(頁 27 ~ 28),2022年11月

  • 層状ペロブスカイト型Co酸化物おける頂点酸素スピン偏極による電気磁気効果

    宮崎正範,令和2年度東北大学金属材料研究所研究部共同研究報告,(頁 A30 ~ A32),2021年12月

  • 層状ペロブスカイト型Co酸化物おける頂点酸素スピン偏極による電気磁気効果の研究

    宮崎正範,令和元年度東北大学金属材料研究所研究部共同研究報告,(頁 A49 ~ A52),2020年12月

  • Test Measurement for Determination of Muon Site on La2MO4 (M=Cu, Ni) by Muon Level Crossing Resonance

    M. Miyazaki, S. Nishimura, T. Kawamata, T. Adachi, Y. Koike, M. Fujita, M. Hiraishi, H. Okabe, A. Koda, R. Kadono, and S. Ebisu,KEK-MSL Report 2019 (KEK-Progress Report 2020-4),(頁 110 ~ 111),2020年10月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • α-R2S3 (R=Sm, Gd, Tb, Dy)の交流磁化率

    戎修二, 堀井隆太, 山川大智, Muhamad Anif Bin Mat Nasir, 宮崎正範,日本物理学会2023年秋季大会,一般財団法人 日本物理学会,日本物理学会2023年秋季大会 概要集,(頁 2304 (16aPS-52)),2023年09月16日,東北大学

  • Novel magneto-transport properties in α-Sm2S3 single crystal

    L. Zhao, R. Asano, M. Miyazaki, S. Ebisu,日本物理学会2023年秋季大会,一般財団法人 日本物理学会,日本物理学会2023年秋季大会 概要集,(頁 2305 (16aPS-53)),2023年09月16日,東北大学

  • 電子ドープK2NiF4型ストロンチウム酸化物LaxSr2-xTiO4の磁性と輸送特性

    阿部大輝, ○宮崎正範, 中里直史, 戎 修二,日本物理学会2023年春季大会,一般財団法人 日本物理学会,日本物理学会2023年春季大会 概要集,(頁 24pPSH-20),2023年03月24日,オンライン開催

  • α-Dy2S3単結晶のac面内磁化容易軸

    戎修二, 照井陵大, 堀井隆太, Muhamad Anif Bin Mat Nasir, 宮崎正範,日本物理学会2023年春季大会,一般財団法人 日本物理学会,日本物理学会2023年春季大会 概要集,(頁 23pPSC-11),2023年03月23日,オンライン開催

  • K2NiF4型LaxSr2-xTiO4の合成と輸送特性

    阿部大輝, 宮崎正範, 中里直史, 戎修二,第58回応用物理学会北海道支部学術講演会,応用物理学会北海道支部,第58回応用物理学会北海道支部学術講演会講演予稿集,(頁 C-Ⅲ-5),2023年01月08日,室蘭工業大学、室蘭市

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 希土類硫化物が示す特異物性の起源解明と準安定状態制御・積極利用による巨大物性応答

    2023年度 ~ 2026年度,基盤研究(C),23K04565

  • 次世代物質開拓を目指した希土類硫化物における特異物性の機構解明と多極子由来の検証

    2019年度 ~ 2022年度,基盤研究(C),19K05238

  • 複合アニオン配列決定を可能にする量子ビーム複合解析による酸素スピン観測法の確立

    2019年度 ~ 2022年度,若手研究,19K20595

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 工業物理基礎実験(隔週・夜間主)

    2023年度,学部

  • 物理物質学実験B

    2023年度,学部

  • 力学演習

    2023年度,学部

  • 熱力学演習

    2023年度,学部

  • 生産システム工学概論

    2023年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 液体窒素を使って、-196℃の世界を体験しよう

    2016年09月09日,室蘭工業大学,室蘭工業大学K棟実験室,室蘭工業大学プロビデンス・プログラム,企画

  • 液体窒素を使って、-196℃の世界を体験しよう

    2015年10月,室蘭工業大学,室蘭工業大学K棟実験室,室蘭工業大学プロビデンス・プログラム,未設定

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • μSR study in reversible thermally controlled spontaneous magnetization switching in perovskite-type manganite

    カナダ,TRIUMF,2023年

  • μSR study of successive magnetic transitions in α-R2S3

    カナダ,TRIUMF,2021年 ~ 2023年

  • Investigation of spin polarization on apical oxide in layered calcium ruthenium oxide Can+1RunO3n+1 (n=1,2)

    ドイツ,Max Planck Institute for Chemical Physics of Solids,2016年

  • Investigation of spin polarization on apical oxide in layered calcium ruthenium oxide Can+1RunO3n+1 (n=1,2)

    スイス,Paul Scherrer Institut ,2016年

  • Study for magnetic polarization on apical oxygen in La2CuO4 by measuring spin density distributions

    USA,Oak Ridge National Laboratory ,2016年