基本情報

写真a

中野 博人

ナカノ ヒロト


所属センター等1

地域協働機器センター

担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/hnakano

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 合成化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 創薬

  • 不斉合成

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東北薬科大学・大学院

    1989年03月,博士後期,薬学研究科,薬品製造学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東北薬科大学

    1983年03月,薬学部,薬学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学博士

職歴 【 表示 / 非表示

  • 米国コロラド州立大学化学科 博士研究員

    1997年04月01日 ~ 1999年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,日本薬学会,有機合成化学会,アメリカ化学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会東北支部奨励賞

    1999年12月,日本薬学会

  • 19th Malaysian International Chemistry Congress(19MICC) and International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) Langkawi 2018, Lecture Award

    2018年10月30日,MALAYSIA Chemistry Society

 

創薬を指向した新しい有機合成法の開発

研究開発の目的

新しい触媒的不斉合成法の開発と創薬シーズの探索

研究開発の概要

独自に開発した触媒的不斉合成法を鍵反応とする創薬シーズ化合物の合成
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 有機分子触媒
  • 不斉合成
  • 環境調和型の安価な有機分子触媒を用いる医薬品候補化合物の効率的合成法を開発する
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • “新規オキサゾリジン誘導体及び新規オキサゾリジン誘導体塩、並びに該オキサゾリジン誘導体塩を不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法” 權 垠相,竹下光弘,中野博人, 特開:2010-229097
 

著書 【 表示 / 非表示

  • パートナー医薬品化学(改訂第3版)

    佐野武弘,斉藤俊昭,堀口よし江,中野博人,宮田興子,内藤猛章,前崎直容,山内昌茂,北川幸己,西出喜代治,南江堂,一般的性質と反応,(頁 321),2017年02月,978-4-524-40338-7

  • パートナー医薬品化学(改訂第2版)

    佐野武弘,斉藤俊昭,堀口よし江,中野博人,宮田興子,内藤猛章,前崎直容,山内昌茂,北川幸己,西出喜代治,南江堂,一般的性質と反応,(頁 295),2012年02月

  • パートナー医薬品化学

    佐野武弘,斉藤俊昭,堀口よし江,中野博人,宮田興子,内藤猛章,前崎直容,山内昌茂,北川幸己,西出喜代治,南江堂,一般的性質と反応,(頁 292),2008年04月

論文 【 表示 / 非表示

  • Amino Amide Organocatalysts for Asymmetric Michael Addition of β-Keto Esters with β-Nitroolefins

    Isiaka A. Owolabi, Madhu Chennapuram, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Hiroto Nakano,Bulletin of the Chemical Society of Japan,92巻,3号,(頁 696 ~ 701),2019年01月

  • A new type of amino amide organocatalyzed enantioselective crossed aldol reaction of ketones with aromatic aldehydes

    Isiaka A. Owolabi, U.V. Subba Reddy, Madhu Chennapuram, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Hiroto Nakano,Tetrahedron,76巻,36号,(頁 4705 ~ 4711),2018年09月

  • New Hybrid-type Squaramide-Fused Amino Alcohol Organocatalyst for Enantioselective Domino Michael Addition/Cyclization Reaction of Oxoindolines with Cyclic 1,3-Diketones

    Madhu Chennapuram, Isiaka Alade Owolabi, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, and Hiroto Nakano,ACS Omega,3巻,9号,(頁 11718 ~ 11726),2018年09月

  • β-Amino Alcohol Organocatalysts for Asymmetric Additions

    Hiroto Nakano, Isiaka Alade Owolabi, Madhu Chennapuram, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Chigusa Seki, Michio Tokiwa, and Mitsuhiro Takeshita,Heterocycles,97巻,2号,(頁 647 ~ 667),2018年06月

  • Hybrid-Type Squaramide-Fused Amino Alcohol Organocatalysts for Enantioselective Nitro-Aldol Reaction of Nitromethane with Isatins

    Madhu Chennapuram, U. V. Subba Reddy, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita and Hiroto Nakano 2017, 1638-46 (2017),European Journal of Organic Chemistry,2017年01月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • アミノアルコールおよびその関連化合物を有機分子触媒として用いた不斉付加環化反応の開発

    中野博人,熊谷 淳,U. V. Subba Reddy,関 千草,奥山祐子,權 垠相,2016年

  • アミノ酸関連有機化合物の触媒作用を利用した高光学純度タミフル合成 中間体の新しい合成法

    中野博人,權 垠相, 奥山祐子,ファインケミカル,41巻,(頁 45 ~ 54),2012年06月

  • オキサゾリジン型不斉触媒の開発と不斉付加反応への応用

    中野 博人,奥山祐子,竹下光弘,權 垠相,小針 良仁,松山 春男,有機合成化学協会誌,2012年02月

  • オキサゾリジン化合物の触媒作用を利用した

    中野博人,化学工業,2011年12月

  • アセタール構造を有する不斉配位子の創製とそのパラジウム触媒不斉反応

    中野博人,奥山祐子,高橋康一,藤田禮子,甲 千寿子,有機合成化学協会誌,65巻,12号,(頁 1191 ~ 1202),2007年

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Sugar based γ-amino alcohol organocatalyst for the enantioselective Michael addition of β-keto esters with nitroolefins

    GANESAN, Divakar; SEKI, Chigusa; UWAI, Koji; HIROTO, Nakano,日本化学会第99春季年会,日本化学会第99春季年会要旨集,(頁 1PC-169),2019年03月26日,日本

  • Development of novel di-amino alcohol organocatalysts and application for asymmetric reaction

    SEKI, Kento; U.V, Subba Reddy; YAMADA, Keigo; HURUYAMA, Taniyuki; OKUYAMA, Yuko; KWON, Eunsang; SEKI, Chigusa; UWAI, Koji; TOKIWA, Michio; TAKESHITA, Mitsuhiro; NAKANO, Hiroto,日本化学会第99春季年会,日本化学会第99春季年会要旨集,(頁 2PB-142),2019年03月16日,日本

  • β-amino alcohol organocatalyst for asymmetric hetero-Diels Alder reaction of isatins and enones

    PARASURAMAN, Perumalsamy; SEKI, Chigusa; UWAI, Koji; NAKANO, Hiroto,日本化学会第99春季年会,日本化学会第99春季年会要旨集,(頁 1PC-168),2019年03月16日,神戸,日本

  • 新規オキサゾリジン有機分子触媒の開発と不斉マイケル付加反応への応用

    森 拓哉・関 千草・奥山 祐子・上井 幸司・中野 博人,日本化学会第99春季年会,日本化学会第99春季年会要旨集,(頁 2PB-140),2019年03月16日

  • New Amino Alcohol Organocatalyst for Asymmetric Michael Addition of β-Keto Ester with Nitroolefin

    New Amino Alcohol Organocatalyst for Asymmetric Michael Addition of β-Keto Ester with Nitroolefin BHUSSE, Manmath; SEKI, Chigusa; UWAI, Koji; NAKANO, Hiroto,日本化学会第99春季年会,日本化学会,日本化学会年会,(頁 167),2019年03月16日

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2017年12月25日,環境分野,0(円)

  • 中小企業

    2017年06月28日,ライフサイエンス分野,0(円)

  • 中小企業

    2016年08月01日,ライフサイエンス分野,0(円)

  • 中小企業

    2014年09月04日,ライフサイエンス分野,420000(円)

  • その他,大企業

    2014年08月01日,ライフサイエンス分野

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2016年06月01日,ライフサイエンス分野,1690000(円)

  • 独立行政法人

    2013年08月01日,ライフサイエンス分野,1700000(円)

  • 独立行政法人

    2011年08月01日,ライフサイエンス分野,1700000(円)

  • 公益法人等

    2010年09月15日,ライフサイエンス分野,1300000(円)

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 有機分子触媒を用いた新規抗インフルエンザウイルス薬の開発

    2014年07月28日 ~ 2015年03月20日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成26年度ノーステック財団「研究開発助成事業」 スタートアップ研究補助金,1800000(円)

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 消毒剤

    中国,201680014300.2,CN107708423A

  • 消毒剤

    日本,特願2015-047017,特開2016-166150

  • 土木工事排出濁水処理用凝集剤

    日本,特願2016-55853,特開2017-170279

  • 消毒剤

    ベトナム,1-2017-04016

  • 消毒剤

    インド,201737034376

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 有機化学A

    2019年度,学部

  • 有機合成化学

    2019年度,学部

  • 有機合成化学

    2018年度,学部

  • 有機化学C

    2018年度,学部

  • 応用化学プレゼンテーション技法バイオシステムプレゼンテーション技法

    2018年度,学部

全件表示 >>

教育著書 【 表示 / 非表示

  • パートナー医薬品化学 改訂第3版

    2017年03月

  • パートナー医薬品化学

    2008年,佐野武弘,斉藤俊昭,堀口よし江,中野博人,宮田興子,内藤猛章,前崎直容,山内昌茂,北川幸己,西出喜代治,一般的性質と反応, (頁 292),南江堂

 

講演 【 表示 / 非表示

  • 有機分子触媒の開発と不斉反応への応用

    2018年11月09日,日本化学会

  • 有機分子触媒を用いる新規抗インフルエンザ薬合成中間体の効率的不斉合成法の開発

    2014年10月28日,JST

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会北海道支部幹事会

    2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,委員,地方支部

  • 万有シンポジウム実行員

    2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,委員,全国

  • 有機合成化学協会北海道支部幹事会

    2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,委員,有機合成化学協会,全国

  • 有機合成化学協会北海道支部幹事会

    2015年04月01日 ~ 2016年03月31日,委員,有機合成化学協会,地方支部

  • 有機合成化学協会北海道支部幹事会

    2014年04月01日 ~ 2015年03月31日,委員,有機合成化学協会,地方支部

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会北海道支部

    2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,地方支部,支部役員

  • 有機合成化学協会

    2017年04月 ~ 2018年03月,地方支部,支部役員

  • 日本化学会北海道支部

    2013年03月 ~ 2013年04月,地方支部,支部役員

審議会 【 表示 / 非表示

  • 室蘭市環境審議会

    2019年04月,委員長

  • 室蘭市環境審議会

    2018年04月 ~ 2019年03月,室蘭市,委員長

  • 室蘭市環境審議会

    2016年04月 ~ 2017年03月,委員長

  • 室蘭市環境審議会

    2015年04月 ~ 2016年03月,室蘭市,委員長

  • 室蘭市環境審議会

    2014年04月 ~ 2015年03月,室蘭市,委員長

全件表示 >>

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 室蘭市環境審議会委員長

    2018年度

  • 室蘭市環境審議会委員長

    2016年度

  • 室蘭市環境審議会委員長

    2015年度

  • 室蘭市環境審議会委員長

    2014年度