基本情報

写真a

渡邊 浩太

ワタナベ コウタ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

創造工学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電力工学・電力変換・電気機器

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 電磁界解析

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 電磁界解析手法

    有限要素法,マルチグリッド,最適化,1999年10月 ~ 2015年03月

  • 強化学習とその応用

    強化学習,2005年04月 ~ 2012年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1997年03月,修士,工学研究科,システム情報工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1995年03月,工学部,電気工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 日立電線株式会社 研究員

    1997年04月 ~ 1999年09月

  • 北海道大学 大学院工学研究科 助手

    1999年10月 ~ 2004年03月

  • 北海道大学 大学院情報科学研究科 助手

    2004年04月 ~ 2007年03月

  • 北海道大学 大学院情報科学研究科 助教

    2007年04月 ~ 2012年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気学会

  • Inernational COMPUMAG Society

  • IEEE

  • AEM学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 電気学会論文発表賞(B)受賞

    1998年03月31日,電気学会

  • 電気学会論文発表賞(B)受賞

    2001年03月31日,電気学会

  • 電気学会研究会優秀論文発表賞

    2009年03月31日,電気学会

 

数値解析の高速化と電磁機器の最適設計

電磁機器の数値解析の高速化と進化計算による最適設計

研究開発の目的

電磁界の有限要素解析などの数値解析の高速化手法と遺伝的アルゴリズムなどの進化計算を組み合わせて電磁機器の形状最適化を行います。

研究開発の概要

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Fast Linear Solver Using Deflation for Shape Optimization

    Kota Watanabe, Yuki Taiami,International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics,59巻,1号,(頁 47 ~ 53),2019年03月

  • Topology Optimization Based on On/Off Method for Synchronous Motor

    K. Watanabe, T. Suga, S. Kitabatake,IEEE Transactions on Magnetics,54巻,3号,Article Number:7201104,2018年03月

  • Multimaterial Topology Optimization of Electric Machines Based on Normalized Gaussian Network

    Takahiro Sato, Kota Watanabe, Hajime Igarashi,IEEE Transactions on Magnetics,51巻,3号,2015年03月

  • Stochastic topology optimization based on level-set method

    Yuki Hidaka, Takahiro Sato, Kota Watanabe, Hajime Igarashi,International Journal for Computation and Mathematics in Electrical and Electronic Engineering,33巻,6号,(頁 1904 ~ 1919),2014年11月

  • Experimental and Simulation Modeling Studies of Magnetic Properties of Ni-Zn Ferrite Cores under DC Bias

    H. Oshima, Y. Uehara, K. Shimizu, K. Inagaki, A. Furuya, J. Fujisaki, M. Suzuki, K. Kawano, T. Mifune, T. Matsuo, K. Watanabe, H. Igarashi,Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy,61巻,S1号,(頁 238 ~ 241),2014年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Topology Optimization based on ON/OFF method with Surface Smoothing

    Kota Watanabe, Hajime Igarashi,Proc. of International Conference on the Computation of Electromagnetic Fields,2013年06月,Budapest Hungary

  • Coupled Analysis of Vibration Energy Harvesters Based on Nonconforming Voxel FEM

    Takahiro Sato, Kota Watanabe, Hajime Igarashi,Proc. of International Conference on the Computation of Electromagnetic Fields,2013年06月,Budapest Hungary

  • Shape Optimization of Double Antenna for Long Range Passive UHF-band RFID

    Yuta Watanabe, Kota Watanabe, Hajime Igarashi,Proc. of 15th Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,2012年11月,Oita Japan

  • 3D Optimization of Ferrite Inductors Cores Considering Hysteresis Loss

    T. Sato, K. Watanabe, H. Igarashi, T. Matsuo, T. Mifune, K. Kawano, M. Suzuki, Y. Uehara, A. Furuya,Proc. of 15th Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,2012年11月,Oita Japan

  • Equivalent Circuit Modeling of DC and AC Ferrite Magnetic Properties Using H-input and B-input Play Models

    Shunpei Ito, Takeshi Mifune, Tetsuji Matsuo, Kota Watanabe, Hajime Igarashi, Kenji, Kawano, Yosuke Iijima, Michiaki Suzuki, Yuji Uehara,Proc. of 15th Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,2012年11月,Oita Japan

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Fast Solver for Non-linear Finite Element Analysis Using Deflation Technique

    Kota Watanabe,IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,2018年10月30日,Hangzhou,China

  • Robustness of Immune Algorithm for Shape Optimization of Reluctance Motor

    Chi Chengjun and Kota Watanabe,IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation,2018年10月30日,Hangzhou,China

  • ラダー回路による等価回路表現を用いた電磁機器の最適化に関する検討

    須藤圭介,渡邊浩太,第27回MAGDAコンファレンス,第27回MAGDAコンファレンス,(頁 94-96),2018年10月20日,東京

  • Computational shape optimization and related technique

    Kota Watanabe,The 37th JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology,The 37th JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology,2018年09月18日,Muroran,Japan

  • Topology Optimization of Switched Reluctance Motor Using Immune Algorithm and ON/OFF Method

    Kota WATANABE, Fang SHIYANG, Ryo MIYATA,15th International Workshop on Optimization and Inverse Problems in Electromagnetism,15th International Workshop on Optimization and Inverse Problems in Electromagnetism,2018年09月11日,Hall in Tirol,Austria

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2015年01月06日,情報通信分野,1033560(円)

  • 大企業

    2013年07月24日,情報通信分野,1004850(円)

  • その他,大企業

    2012年06月11日,情報通信分野

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 高性能SRモータのための最適化と高速解析手法の開発

    2018年度 ~ 2020年度,基盤研究(C),18K04076

  • 社会インフラの遠隔安全監視を行う振動発電式セミパッシブ無線センサ

    2014年度,基盤研究(B),24310117

  • 社会インフラの遠隔安全監視を行う振動発電式セミパッシブ無線センサ

    2013年度,基盤研究(B),24310117

  • 高効率モータのための高速電磁界解析手法を応用した形状最適化技術の開発

    2012年度 ~ 2014年度,基盤研究(C),24560319

  • 社会インフラの遠隔安全監視を行う振動発電式セミパッシブ無線センサ

    2012年度,基盤研究(B),24310117

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 電気回路Ⅲ

    2019年度,学部

  • 電気エネルギー工学特論B

    2019年度,博士前期課程

  • 電力発生工学

    2018年度,学部

  • 電気機器学

    2018年度,学部

  • 電気電子工学実験B

    2018年度,学部

全件表示 >>

 

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 平成31年電気学会全国大会

    札幌,委員,日本

  • The 37th JSST Annual International Conference on Simulation Technology

    Muroran,Committee,Japan

  • 平成30年 電気学会 電子・情報・システム部門大会

    札幌,委員,日本

  • 平成29年 電気学会基礎・材料・共通部門大会

    室蘭,委員

  • 平成26年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    札幌,委員,日本

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 第一編修部会

    2015年04月01日 ~ 2018年03月30日,委員,電気学会,全国

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 電気学会

    2019年04月01日 ~ 2020年03月31日,地方支部,支部役員

  • 電気学会

    2013年04月01日 ~ 2014年03月31日,地方支部,支部役員