基本情報

写真a

有村 幹治

アリムラ ミキハル


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

創造工学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 土木計画学・交通工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な都市と交通システム

    都市交通,地球環境問題,小人口化

  • 構造データマイニングを用いた大規模交通データセットからの知識獲得に関する研究

    データマイニング,交通データ

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学・大学院

    2000年,博士後期,工学研究科,建設工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1995年,工学部,建設システム工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学 大学院工学研究科 くらし環境系領域 助教

    2011年10月01日 ~ 2013年04月30日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • Eastern Asian Society of Transportation Studies

  • 日本都市計画学会

  • 交通工学研究会

  • Society of World Conference on Transport Research

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成17年度 土木学会賞 環境賞(Iグループ)

    2005年,土木学会

  • 平成17年度 第27回国際交通安全学会賞(業績部門)

    2005年,国際交通安全学会

  • 2012年度 土木学会デザイン賞 奨励賞

    2013年02月01日,土木学会

  • 平成29年度 北海道科学技術奨励賞

    2018年02月20日,北海道

国際的・全国的コンクール等受賞 【 表示 / 非表示

  • 土木学会デザインコンペ「22世紀の国づくりーありたい姿と未来へのタスク 部門A 22世紀の国づくりのかたち」 入選

    2018年12月21日,土木学会デザインコンペ「22世紀の国づくりーありたい姿と未来へのタスク 部門A 22世紀の国づくりのかたち」

 

持続可能な都市と交通システム

ビッグデータを用いたエビデンス・ベースド・アプローチによる計画立案支援

研究開発の目的

ビッグデータを用いたエビデンス・ベースド・アプローチによる計画立案支援

各種計画の立案支援を目的に統計・各種センサー群より得られる大量なデータに対し、各種データマイニング技術を応用することで、特定の行動パターンや移動パターンの発現を発見・予測する。

研究開発の概要

渋滞や移動状況を表す時系列データ、また移動体の連続位置情報は、走行環境や利用者属性といった離散的属性を持つ他のデータソースと組み合わすことができる。 このような大規模データは、データ間の関係になんらかの内的、もしくは外的な構造を持つことが想定できる。 本研究では、大規模なデータ集合に、データ間の構造を明示的に取り込めるデータマイニング技術を応用することで特定のパターンを自動的に抽出し、より詳細な都市・地域・交通計画の立案を支援する。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • データマイニング技術
  • 交通ビッグデータ
  • 都市交通デザイン
  • SDGsと合致した都市・交通計画の立案を支援
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 既存統計と比較してより柔軟な都市施設・交通モニタリングが実施可能 
  •     
  • 特に無し
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 改訂交差点改良のキーポイント

    有村幹治,他分担,丸善(株),2011年

  • Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.6

    M.Arimura, T.Tamura and K.KIKUCHI,Marginal Areas Research Group,Consideration of Entrepreneurial Commnity Formation using Social Capital,2011年

  • Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.4

    M.Fujii, H.Hasegawa, M.Arimura, T.Tamura,Marginal Areas Research Group,A STUDY  ON THE POSSIBILITY OF ACHIEVING THE SUSTAINNABLE DEVELOPMENT OF RURAL AREAS UTILIZING SOCIAL CAPITAL,2009年

  • Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.4

    R.Kawashima, H.Hasegawa, M.Arimura, T.Tamura,Marginal Areas Research Group,BUILDING AN ARTIFICIAL SOCIETY MODEL FOR INTERACTION BETWEEN NETWORKS AND NORMS,2009年

  • Social Capital and Development Trends in Rural AreasVol.3

    T.Tamura, M.Fujii, H. Hasegawa ,M.Arimura,Marginal Areas Research Group,A Study of the Possibility of Sustainable Development of Regions that Coexist with Nature -From the Perspectives of the Role of Infrastructure and Development of Social Capital-,2007年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Association Rule Mining Tourist-Attractive Destinations for the Sustainable Development of a Large Tourism Area in Hokkaido Using Wi-Fi Tracking Data

    Tosporn Arreeras, Mikiharu Arimura, Takumi Asada, Saharat Arreeras,Sustainability,11(14)巻,3967号,2019年07月

  • 北海道新幹線開業前後における函館エリア来訪者数の比較分析

    髙橋 央亘, 浅田 拓海, 有村 幹治,土木学会論文集D3 (土木計画学),74巻,5号,(頁 I_827 ~ I_835),2018年12月

  • 暴風雪時の通行規制による減災効果と地域社会への影響に関する研究

    萩原 亨, 川﨑 雅和, 有村 幹治, 髙橋 清,土木学会論文集D3 (土木計画学),74巻,5号,(頁 I_55 ~ I_63),2018年12月

  • SNSから見る北海道新幹線開業後の地域・拠点に対する関心構造の変化

    浅田 拓海, 鈴木 貴文, 有村 幹治,土木学会論文集D3 (土木計画学),74巻,5号,(頁 I_547 ~ I_554),2018年12月

  • Location and Allocation Optimization for Integrated Decisions on Post-Disaster Waste Supply Chain Management

    Chawis Boonmee, Mikiharu Arimura,Takumi Asada,International Journal of Disaster Risk Reduction,2018年07月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data

    Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada and Mikiharu Arimura,2018年05月,Fukuoka

  • The Effective Route Selection for East-west Economic Corridor in the Greater Mekong Subregion; Machine Vision Approach

    Woramol Chaowarat WATANABE, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA, 2017 IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management (IEEM),Article Number:514,2017年11月,Singapore

  • Estimation of the Factor of Population Inflow in Inner City by using the mobile Spatial Statistics - The Case of Obihiro City, Japan -

    Mikiharu ARIMURA, Takumi ASADA, Takumi OGOSHI,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,11巻,Article Number:93,2017年09月,Ho Chi Minh City

  • Shrinking or Cohesion? : Estimation for a Future Spatial Distribution of Demographic Structure and Building Age in Obihiro Urban Area

    M.Arimura, T.Endo, H.Hasegawa, T.Tamura,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.9巻,2013年,Taipei

  • Empirical Study on Optimum Commuting Allocation toward Reducing the Length of Journey-to-Work Trip: The case of Sapporo city

    K.KIKUCHI, M.ARIMURA, T.TAMURA,K.SAITO,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.8巻,2011年,Jeju

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • マイクロデータを用いた施設用途別滞在人口の推定:帯広都市圏の事例

    有村幹治,交通工学,Vol.52巻,No.3号,(頁 15 ~ 18),2017年07月

  • モバイル空間統計を用いた都市の賑わいと建物構成に関する分析

    有村幹治,土木学会誌,Vol. 102巻,No5号,(頁 16 ~ 17),2017年05月

  • 空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究

    有村幹治,開発こうほう,No.623号,(頁 26 ~ 31),2015年06月

  • 第11 回ITS 世界会議愛知・名古屋2004 に参加して

    有村幹治,北海道開発土木研究所月報,No.620巻,2005年

  • 交通分野における電子タグ利用に関する諸話題

    有村幹治,北海道開発土木研究所月報,No.614巻,2004年

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 台風10号被害が道路交通ネットワーク流に与えた影響に関する調査

    有村 幹治, 浅田 拓海,室蘭工業大学紀要,67巻,(頁 21 ~ 28),2018年03月

  • 空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究

    有村 幹治 ・松田 真宜・浅田 拓海・長谷川裕修,北海道開発協会開発調査総合研究所 平成26年度助成研究論文集,(頁 15 ~ 59),2014年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Wi-Fiパケットセンシングを用いた室蘭寄港クルーズ船利用客の観光周遊行動分析

    諏訪部 剛史 遠藤 幹大 浅田 拓海 有村 幹治,2018年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,平成30年度論文報告集 第75号 部 門 D,(頁 D-02),2019年01月26日,苫小牧市

  • モバイル空間統計と機械学習を用いたメッシュ間OD量の推定

    奥村 航太 生越 拓実 有村 幹治,2018年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,平成30年度論文報告集 第75号 部 門 D,(頁 D-03),2019年01月26日,苫小牧市

  • 北海道胆振東部地震発災時における室蘭市民の防災・減災行動

    氏家 可南子 木村 直人 有村 幹治 室蘭市総務部防災対策課 宇那木 啓二,2018年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,平成30年度論文報告集 第75号 部 門 D,(頁 D-12),2019年01月26日,苫小牧市

  • 生産空間における自動運転ネットワーク最適化モデル

    坂本 信 有村 幹治,2018年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,平成30年度論文報告集 第75号 部 門 D,(頁 D-20),2019年01月26日,苫小牧市

  • ドック型・ドックレス型バイクシェアリングの輸送効率推定シミュレーション

    石井 克弥 居駒 薫樹 浅田 拓海 有村 幹治,2018年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会,土木学会北海道支部,平成30年度論文報告集 第75号 部 門 D,(頁 D-24),2019年01月26日,苫小牧市

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2017年11月14日,社会基盤分野,1430000(円)

  • 地方公共団体

    2016年09月30日,社会基盤分野,415230(円)

  • 公益法人その他

    2016年06月24日,情報通信分野,0(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月14日,情報通信分野,7729020(円)

  • その他

    2018年06月04日,情報通信分野,3000033(円)

  • その他

    2017年08月07日,社会基盤分野,49507200(円)

  • その他

    2017年05月08日,情報通信分野,1897088(円)

  • 公益法人等

    2016年12月05日,情報通信分野,5160291(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 河川・土砂災害リスクを考慮した広域道路ネットワークの道路整備計画手法の構築

    2017年度 ~ 2019年度,基盤研究(B),17H03318

  • 構造データマイニングを用いた大規模交通データセットからの知識獲得に関する研究

    2011年度 ~ 2012年度,若手B,23760469

作品 【 表示 / 非表示

  • Cluster System for the Creative Community

    2018年12月,有村幹治、藤井賢彦、松田泰明、池ノ上真一、岩田圭佑、林匡宏,東京大学 武田先端知ビル 武田ホール

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 測量学実習

    2019年度,学部

  • 交通システム計画

    2019年度,学部

  • 建設マネジメント

    2019年度,学部

  • 地域再生システム論

    2019年度,学部

  • 土木環境系特論

    2019年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 地域の防災力:防災と減災、そして避難

    2015年11月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,地域防災のための基礎講座 ~津波に備える~,講演

  • 地域の防災力:防災と減災、そして避難

    2013年12月02日,室蘭工業大学,室蘭市文化センター,自然災害への備え~あなととあなたの家族を守るために~,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • 地域防災力向上にむけたまちづくり

    2019年03月11日,国土交通省 北海道開発局

  • 自動運転と道の駅を活用した生産空間を支える新たな道路交通施策に関する研究開発

    2019年02月22日,土木計画学ワンデーセミナー

  • 平成30年度津波防災地域づくり講演会in室蘭 津波防災地域づくりについて学ぶ

    2018年10月30日,北海道建設部

  • 自動運転と道の駅の活用による生産空間を支える道路交通施策

    2018年10月19日,寒地土木研究所

  • リスク社会における都市・交通計画と地域コミュニティ

    2018年10月16日,室蘭市町内連合会

全件表示 >>

研修 【 表示 / 非表示

  • 「災害から建設業は何を学ぶか」-胆振東部地震災害などを事例として-

    2019年01月22日,(一財)北海道開発協会

  • コンパクトシティ+ネットワークを導くビッグデータの活用方策-都市構造の可視化

    2018年02月05日,地域科学研究会,東京,立地適正化計画とコンパクトシティ形成,講師

  • 国土強靭化と社会資本整備

    2016年02月18日,北海道開発協会,函館,建設事業専門研修会,講師

  • 国土強靭化と社会資本整備

    2016年02月17日,北海道開発協会,室蘭,建設事業専門研修会,講師

  • 国土強靭化と社会資本整備

    2016年02月09日,北海道開発協会,札幌,建設事業専門研修会,講師

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会 調査研究部門 土木計画学研究委員会 学術小委員会 委員

    2017年12月20日 ~ 2018年11月30日,委員,土木学会,全国

  • International Journal of ITS Research (IJIT)編集委員会

    2017年05月31日 ~ 2018年05月31日,委員,その他

  • 土木学会北海道支部創立80周年記念事業実行委員会

    2017年05月01日 ~ 2018年12月31日,委員,土木学会北海道支部,地方支部

  • 土木学会 土木計画学研究委員会学術小委員会

    2016年01月05日 ~ 2017年11月30日,委員,土木学会,全国

  • 土木学会 北海道支部幹事

    2015年05月01日 ~ 2017年04月30日,委員,土木学会,地方支部

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

    2014年04月23日 ~ 2017年04月20日,地方支部,支部役員

  • 土木学会

    2013年04月25日 ~ 2014年04月22日,地方支部,支部役員

審議会 【 表示 / 非表示

  • 北海道都市計画審議会委員

    2016年05月 ~ 2018年05月,北海道,委員

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 白老町 第6次白老町総合計画策定委員会委員

    2019年度

  • 帯広開発建設部 十勝サイクルツーリズム研究会アドバイザー

    2018年度

  • 千歳市 千歳市都市計画審議会委員

    2018年度

  • 環境省 環境省平成30年度地域連携・低炭素水素技術実証事業「建物及び街区における水素利用普及を目指した低圧水素配送システム事象事業」における外部有識者

    2018年度

  • 札幌市 「真駒内駅前地区まちづくり検討委員会」委員

    2018年度

全件表示 >>