基本情報

写真a

浅田 拓海

アサダ タクミ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当学科

創造工学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/iplab/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 土木計画学・交通工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 空間系ビッグデータ

  • 道路維持管理・診断

  • 空間解析

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 空間系ビッグデータを用いた都市・交通の把握および将来予測

    GIS,パターン認識,API活用

  • マシンビジョンによる道路空間の快適性・安全性の評価

    道路景観,生体ストレス,舗装診断,2009年 ~ 2018年

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道工業大学大学院

    2011年03月,博士後期,工学研究科,建設工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道工業大学

    2006年03月,工学部,社会基盤工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    シークエンス画像を用いた道路の内部景観の評価に関する研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 中央大学 理工学部 都市環境学科 教育技術員

    2011年04月01日 ~ 2012年03月31日

  • 中央大学 理工学部 都市環境学科 助教

    2012年04月01日 ~ 2014年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 都市計画学会

  • 造園学会

  • 交通工学研究会

 

簡易車載カメラを用いた統合型道路調査システムの開発

研究開発の目的

市町村道路管理のための低コスト・簡易なシステムの導入

地方都市の道路の維持管理・空間活用のために,地域の実情に応じた道路調査システムを開発する.

研究開発の概要

廉価で簡易な市販アクションカメラを一般車両に取り付け,通常走行で道路状況を動画撮影する.その動画に多様な画像解析を適用することで,定量的かつシークエンスな道路空間評価を可能とする.市販の製品を導入することで,イニシャルコスト,ランニングコストを大幅に抑えることができる.また,測定,解析の仕様により,測定,解析に要する人員・時間を低減しつつ,測定時の安全性の確保(降車せず通常運転のみ)も実現できる. 現在では, ①道路区画線の診断システム, ②道路舗装のひび割れ評価手法, ③道路景観の定量評価手法 が開発済みである. 今後は,わだち掘れ計測や夜間の視認性評価,さらには,沿道住宅の空き家判定,景観阻害等,自転車走行時の振動などの評価手法などについて開発予定である.

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 低コスト・簡易
  • 画像解析・AI
  • 市町村道路の維持管理・空間活用
  • 測定・解析システムの一括開発
  • 空間系ビッグデータ融合
  • 市販車載カメラによる多様な道路空間評価
  • 道路の連続性を考慮した安全・シームレスな測定
  • 市町村向けの低コスト・高精度システム
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • イニシャル・ランニングコストの低減
  • 作業時間・要員の低減
  • 測定時の安全性向上
  • ユーザーフレンドリーな測定・解析システム
  • NETIS:走行式道路区画線診断システム(HK-160014-A)
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Convolutional Neural Networkを用いたひび割れ・パッチングの高精度検出手法の開発

    浅田拓海,川村和将,石田篤徳,亀山修一,土木学会論文集E1(舗装工学),74巻,3号,(頁 I_131 ~ I_139),2018年12月

  • 北海道新幹線開業前後における函館エリア来訪者数の比較分析

    高橋央亘,浅田拓海,有村幹治,土木学会誌論文集D3(土木計画学),74巻,5号,(頁 I_827 ~ I_835),2018年12月

  • SNSから見る北海道新幹線開業後の地域・拠点に対する関心構造の変化

    浅田 拓海, 鈴木 貴文, 有村 幹治,土木学会誌論文集D3(土木計画学),74巻,5号,(頁 I_547 ~ I_554),2018年12月

  • Location and Allocation Optimization for Integrated Decisions on Post-Disaster Waste Supply Chain Management: On-site and Off-site Separation for Recyclable Materials

    Chawis Boonmee, Mikiharu Arimura, Takumi Asada,International Journal of Disaster Risk Reduction,31巻,(頁 902 ~ 917),2018年10月

  • A Bi-Criteria Optimization Model for Hierarchical Evacuation and Shelter Site Selection under Uncertainty of Flood Events

    Chawis BOONMEE, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,12巻,(頁 251 ~ 268),2018年04月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data

    Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada, Mikiharu Arimura,2018年05月,Fukuoka

  • The Effective Route Selection for East-west Economic Corridor in the Greater Mekong Subregion; Machine Vision Approach

    Woramol Chaowarat WATANABE, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA, 2017 IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management (IEEM),Article Number:514,2017年11月,Singapore

  • Estimation of the Factor of Population Inflow in Inner City by using the mobile Spatial Statistics - The Case of Obihiro City, Japan -

    Mikiharu ARIMURA, Takumi ASADA, Takumi OGOSHI,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.11巻,Article Number:93,2017年09月,Ho Chi Minh City

  • The Stress-Decreasing Effects of Urban Green Environments based on Intraindividual and Interindividual Variations in Heart Rate

    Takumi ASADA, Masayoshi TANISHITA,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.11巻,Article Number:131,2017年09月,Ho Chi Minh City

  • Development of a Diagnostic Method for Road Markings Using Sequential Images Taken from a TravelingVehicle

    Takumi ASADA, Masayoshi TANISHITA, Shuichi KAMEYAMA,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.9巻,(頁 299 ~ ),2013年08月,Taipei

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 動画解析による自転車走行時の振動不快度推定モデルの精度検証

    工藤航史郎,居駒薫樹,浅田拓海,有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.75,(頁 D-26),2019年01月26日,苫小牧市,日本

  • ドック型・ドックレス型バイクシェアリングの輸送効率推定シミュレーション

    石井克弥,居駒薫樹,浅田拓海,有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.75,(頁 D-24),2019年01月26日,苫小牧市,日本

  • Wi-Fiパケットセンシングを用いた室蘭寄港クルーズ船利用客の観光周遊行動分析

    諏訪部剛史,遠藤幹大,浅田拓海,有村幹治,土木学会(北海道支部),土木学会北海道支部論文報告集,No.75,(頁 D-02),2019年01月26日,苫小牧市,日本

  • 車載カメラ動画による自転車走行時の振動不快度推定手法の開発

    居駒薫樹,浅田拓海,有村幹治,亀山修一,第58回土木画学計研究発表会,土木画学計研究・講演集,(頁 47),2018年11月23日,大分大学,日本

  • Wi-Fiパケットセンシングデータを用いた広域観光周遊行動のモデル分析

    小林巴奈・福田大輔・中西航・内田賢悦・ 浅田拓海・有村幹治・菅芳樹,第58回土木画学計研究発表会,土木画学計研究・講演集,2018年06月09日,大分大学,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 地方公共団体公共団体

    2018年04月02日,その他,1870000(円)

  • 大企業

    2017年12月14日,ライフサイエンス分野,1100000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 河川・土砂災害リスクを考慮した広域道路ネットワークの道路整備計画手法の構築

    2017年度 ~ 2019年度,基盤研究(B),17H03319

  • 画像ビッグデータ活用による網羅的地域景観分析と景観堪能ルート探索手法の開発

    2017年度 ~ 2018年度,若手研究(B),17K13304

  • 河川・土砂災害リスクを考慮した広域道路ネットワークの道路整備計画手法の構築

    2017年度,基盤研究(B),17H03319

  • 舗装ひび割れ点検のための低コスト・簡易型マシンビジョンシステムの開発

    2015年度 ~ 2016年度,若手研究(B),15K18097

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 測量学実習

    2018年度,学部

  • 交通工学

    2018年度,学部

  • 測量学

    2018年度,学部

  • 情報処理演習

    2017年度,学部

  • 測量学実習

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 津波による人的被害要因について-南三陸町から学ぶ-

    2015年11月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,地域防災のための基礎講座~津波に備える~,講演

  • 「みち」をきっかけにした北海道の地域・景観づくり

    2015年11月04日,北海道新川高等学校,北海道新川高等学校,上級学校セミナー,講演

  • 「みち」をきっかけにした北海道の地域・景観づくり

    2015年09月14日,北海道留萌高等学校,北海道留萌高等学校,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • IoTとは何か?土木への応用可能性 ~低コスト道路点検の紹介~

    2017年10月31日,日胆地区測量設計協会

  • IoTとは何か?土木への応用可能性について ~低コスト道路点検の紹介~

    2017年06月30日,株式会社メイセイ・エンジニアリング

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 土木計画学研究委員会

    2017年09月 ~ 継続中,委員,全国

  • 土木学会 北海道支部 幹事

    2016年05月 ~ 2018年04月,委員,地方支部

  • 土木学会誌編集委員会

    2015年04月01日 ~ 2017年04月10日,委員,公益社団法人 土木学会,全国

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 登別市空家等対策審議会委員

    2017年度

  • 室蘭市地域公共交通検討会議委員兼アドバイザー

    2016年度