基本情報

写真a

飯森 俊文

イイモリ トシフミ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 固体物性・光物性

  • 外場効果

  • 表面・界面

  • 非線形分光学

  • 分子分光学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分光学会

  • 光化学協会

  • 分子科学会

  • イオン液体研究会

  • 応用物理学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会北海道支部奨励賞

    2011年02月02日,日本化学会北海道支部

  • 光化学協会奨励賞

    2012年09月13日,光化学協会

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 発光の事典

    飯森俊文,朝倉書店,3.3.5. 変調分光法、5.3.6. 発光への磁場効果、5.3.7. 発光への電場効果,(頁 788),2015年09月,978-4-254-10262-8

  • Molecular Electronic and Related Materials - Control and Probe with Light

    Toshifumi Iimori, Toshio Naito, Nobuhiro Ohta,Transworld Research Network,Synergy effects of photoirradiation and applied voltage on electrical conductivity of α-(BEDT-TTF)2I3,(頁 328),2010年01月,978-8178954608

論文 【 表示 / 非表示

  • Inhomogeneous Photoluminescence Characteristic in Carbon Nanodots and Electrophotoluminescence Measurements

    Hamada, Morihiko; Okoshi, Kenji; Rana, Shailesh; Awasthi, Kamlesh; Iimori, Toshifumi; Diau, Eric Wei-Guang; Ohta, Nobuhiro,The Journal of Physical Chemistry C,122巻,11号,(頁 6463 ~ 6474),2018年03月

  • 7,7,8,8-Tetracyanoquinodimethane (TCNQ) emits visible photoluminescence in solution

    Tamaya, Honami; Nakano, Hideyuki; Iimori, Toshifumi,Journal of Luminescence,192巻,(頁 203 ~ 207),2017年12月

  • Stark Spectroscopy of Rubrene. I. Electroabsorption Spectroscopy and Molecular Parameters

    T. Iimori, R. Ito, N. Ohta, H. Nakano,The J. Phys. Chem. A,120巻,25号,(頁 4307 ~ 4313),2016年06月

  • Stark Spectroscopy of Rubrene. II. Stark Fluorescence Spectroscopy and Fluorescence Quenching Induced by an External Electric Field

    T. Iimori, R. Ito, N. Ohta,The J. Phys. Chem. A,120巻,28号,(頁 5497 ~ 5503),2016年06月

  • Magneto-optical Spectroscopy of the Magnetic Room-temperature Ionic Liquid 1-Butyl-3-methylimidazolium Tetrachloroferrate

    Iimori, Toshifumi; Abe, Yuya,Chemistry Letters,45巻,3号,(頁 347 ~ 349),2016年03月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 光と電場による有機導体とイオン伝導体の電気伝導制御

    飯森俊文・太田信廣,応用物理,85巻,6号,(頁 466 ~ 473),2016年06月

  • 超伝導状態を光で誘起できるか?

    太田信廣・飯森俊文,現代化学,483巻,(頁 38 ~ 44),2011年06月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 有機材料の膜厚測定

    伊藤隆一,飯森俊文,ナノテクプラットフォーム事業利用報告書,2016年

  • 分子機能性材料の電子状態と光励起ダイナミクスの解明

    飯森 俊文・伊藤 隆一・今村 崇人・阿部 佑哉・太田 信廣,物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成26年度),(頁 2014027 ~ ),2015年03月

  • 光電子物性研究分野

    太田信廣・中林孝和・飯森俊文,研究活動 北海道大学電子科学研究所,(頁 4 ~ 9),2012年06月

  • 光電子物性研究分野

    太田信廣・中林孝和・飯森俊文,研究活動 北海道大学電子科学研究所,(頁 4 ~ 9),2011年10月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 変調分光法による有機半導体・伝導体・磁性体の研究

    飯森俊文,平成30年度 日本分光学会年次講演会,(公益社団法人)日本分光学会,平成30年度 日本分光学会年次講演会,2018年05月22日,横浜,日本

  • 7,7,8,8-テトラシアノキノジメタン(TCNQ)の蛍光と溶媒効果

    玉谷 穂菜美・中野 英之・○飯森 俊文,日本化学会第98春季年会(2018),日本化学会,日本化学会第98春季年会要旨集,2018年03月20日

  • Environment-friendly preparation of carbon dots and its fluorescence property

    Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018 (JSED2018),CEDAR, Muroran Institute of Technology,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,2018年03月02日,Muroran,Japan

  • TCNQの蛍光および電⼦励起状態

    ○玉谷穂菜美,中野英之,飯森俊文,化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会,化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会,2018年01月16日,札幌

  • 溶媒中における2,3,5,6-テトラフルオロ-7,7,8,8-テトラシアノキノジメタン(F4TCNQ)の蛍光スペクトル

    ○⿃井悠⼈・中野英之・飯森俊⽂,化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会,化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会,2018年01月16日,札幌

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 分子をベースとしたソフトな磁気光学マテリアルの研究

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K05950

  • 光学測定による強磁性と自発分極の評価手法の開発

    2013年度 ~ 2014年度,若手研究(B),25870018

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • ファラデー回転子、磁気光学デバイス及び光アイソレータ(H27-4を基礎とする国内優先権主張出願)

    日本,特願2016-165627

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験

    2018年度,学部

  • 化学実験

    2018年度,学部

  • フレッシュマンセミナー

    2018年度,学部

  • インター・サイエンスF

    2018年度,学部

  • 化学実験

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学オープンキャンパス 光と量子のケミストリー

    2017年08月05日,室蘭工業大学,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • シュタルク分光によるイオン液体の電子構造とルブレンの光化学反応の研究

    2018年05月25日,神奈川大学総合理学研究所

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 第35回固体・表面光化学討論会

    室蘭,委員

  • 日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会

    室蘭,委員

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • 台湾国立交通大学との共同研究

    台湾(中華民国),台湾国立交通大学,2016年12月 ~ 2017年12月